わたし達から患者様へ

わたし達から患者様へ"7つのお約束"

①患者様に笑顔で帰っていただけるように努めます

私たちは、来ていただいた患者様には、笑顔で帰っていただきたいと考えています。 そのために、患者様の苦痛を取り除いてさしあげることはもちろん、よく噛める状態になる、見た目にきれいな口元になる。これも大切なことです。

そしてさらに、もう一歩、できるだけ長く安定した状態でいられるようにお手伝いをしたいと思っています。そのためにどういうことが、必要なのかを、歯科医師、衛生士が一人一人の患者様に合わせて考え、説明し、時には患者様と 一緒に悩みながら、実現させていきたいと思っております。

②安心して治療を受けていただけるよう感染防止に力を入れています

当医院では、用途の違う2つの滅菌器を使用して、感染防止に力を入れています 。

器具を高温によって滅菌する"オートクレーブ"に加えて、高温で滅菌することのできない、 布類、ブラシ類、グローブなどの滅菌を行なう"ガス滅菌器"この2つを使い分けることにより、通常では難 しい器材、道具も滅菌することができます。

③歯周病専門医として経験を活かし、長期的に安定した状態を保つための治療を行います

歯周病専門医という立場から、歯周病の治療をベースにしながら、お口の中がなるべく長期的に安定した状態でいられるような治療を行います。

ただ単に、虫歯をつめたり、かぶせたりするのではなく、歯を支える"歯周組織"の健康状態をケアすることで、みなさまに長く健康な状態を保っていただけるように努めています。

④患者様にとってわかりやすい説明を行なうよう努めます

当医院では、放射線量が従来の1/2で、しかもスピーディに撮影できる「デジタルレントゲン」を使用しています。

各チェアにモニターを設置しておりますので、口腔内のレントゲン写真やアニメーションをご覧いただきながら、視覚的にも分かりやすいご説明を心がけています、 「治療内容や現在の状態が理解しやすい」と患者様に好評です。

レントゲン写真には、おおまかにいうと、全体を撮るパノラマX線写真と、部分的に詳しく見るためのデンタルX線写真とがあるのですが、開業当時は、パノラマのみデジタル化していました。その理由としては、当時デンタルX線写真の画像が、アナログ(従来からある装置で撮られたもの)に比べて、画質が明らかに劣っていたためです。

最近になって、ようやく、納得できる装置が作られるようになり、当院でもすべてをデジタル化する運びとなりました。 今までよりも、患者様にさらにわかりやすくご説明できるようになると共に、小さなデンタル写真もパノラマ同様に放射線量が1/2となり、よりご安心いただけると思います。

⑤できるだけ痛みの無い治療を心がけます

治療の痛みを和らげるために麻酔をする、というのは、一般的になってきましたが、その麻酔の注射が苦手という方も 少なくありません。

当医院では、麻酔の際に電動麻酔器を採用しております。麻酔による 痛みは麻酔注入時の圧によるものが大きいと言われていますが、この麻酔器では、ゆっくりとした一定の速度で麻酔を注入するので、 麻酔時の痛みをかなり和らげることができます。

また、麻酔をする最初のチクッとする痛みを和らげるため、表面麻酔を使用するなど、できるだけ無痛で治療を行なうように努めております。
(※ただし、痛みの感じ方には個人差がありますので、ご了承ください)

⑥女性医師と女性スタッフならではの、きめ細やかな心遣いと治療を心がけます

当医院は、院長の村岡ゆきをはじめ、女性ばかりのスタッフで治療を行っています。

女性らしさを活かしたきめ細やかな気遣いのできる院内環境を目指しています。

また、従来の「歯医者さんはコワい」というイメージをできるだけ無くすように、内装面でも工夫しておりますので、落ち着いて治療を受けていただけるのではと思います。

⑦ご高齢の方や車椅子の方でも安心してご通院いただけるようにしています

医院内はもちろん、ビルそのものもバリアフリーとなっております。同じフロア内に車いす対応のお手洗いもございますので、安心してご通院いただけます。


当院で治療を受けてみたいと思われた方はこちらから

※赤は休診日、青は午後休診。
(土曜日は16:30まで)


  • トップページ
  • 院長村岡ゆきからみなさまへ
  • 私たちから患者様へ7つのお約束
  • 当医院で受けていただける治療
  • 保険適用外の治療の違いって?
  • 歯ぐきに不安はありませんか?
  • 歯と歯ぐきについてのQ&A
  • 当医院へお越しいただくには
  • 初診のお申し込みはこちらへ
  • リンク集

スマイルダイアリー

スタッフ募集