保険適用外の治療の違いって?

保険適用外の治療の違いって?

保険診療と自費診療(保険外診療)の違い

村岡ゆき歯科クリニックでは、すべての患者さまに、最もよい治療を提供できることを理想としています。
しかし、残念ながら、すべての治療が保険でできるわけではありません。

保険診療適用範囲外の材料や技術を使って行う治療、"自費診療"が保険診療とどのよう に違うかについてご説明いたします。

*保険外治療のメリット
  • ■自然の歯の色に近い色調を再現できるので、白い美しい歯を入れることができ ます。
    しかもその色調が長く保たれます。
    (保険内のものだと、時間が経つにつれてある程度変色してしまいます)
  • ■身体に害のない材料(ゴールド、セラミックなど)を多く使用しますので、金属アレルギーの心配がほとんどなくなります。
  • ■よく噛め、歯や歯ぐきにやさしい快適な入れ歯ができます。
    (金属床を使うと、義歯を装着した時の異和感がずいぶん少なくなります)

保険適用外治療では、あなたのために、診療や技工に十分な時間をかけたり、質の高い材料を使うことによって、精度が高くなり、使用感がよく、自然観がよいものを作り出すことができます。

かぶせもの(冠、インレー)において精度が高いということは、『適合のよさ』につながります。適合のよいものを入れることは、その歯が将来虫歯や歯周病にならないために大変重要なことです。

なぜなら、いくら一生懸命歯みがきをしても、もし仮に適合が悪い冠が入っていると、歯垢(ばい菌のかたまり)を取り除くことが難しいからです。

(このようにいうと、保険の範囲内では、適合のよいものはつくれないのか と、不安に思われるかもしれません。
しかし、当医院では、保険内の治療に対して も、材料、時間の許す限り、適合のよいものを作っておりますので、ご安心下さい。)

クラウン(かぶせ物)の素材の違いについて

自費治療のなかでとくに要望が多い、奥歯のクラウンについて説明します。

クラウンとは?大きな虫歯を治療したとき、残っている歯を保護するためや、再びそこで噛めるようにするため、すっぽりと冠を被せていきます。
このかぶせもののことを『クラウン』とい います。
クラウンをしっかり装着するために、歯の根に、土台をたてて、そこに元の 歯と同じ形に作った クラウンをかぶせていきます。

クラウンには色々な種類があります。つまり、クラウンの材質ごと にいくつかの種類にわかれており、その材質によって、耐久性や審美性が異なります。

  かぶせものの種類 審美性 耐久性 生体親和性
(適合・噛み合わせ
・アレルギー)
保険適応
金属のかぶせ物 金銀パラジウム合金
(ゴールドは
12%のみ、50%は銀)
★ ☆ ☆ ☆ ☆ ★ ★ ★ ☆ ☆ ★ ★ ☆ ☆ ☆
ゴールド
(18金)
★ ★ ☆ ☆ ☆ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ×
白いかぶせ物 ハイブリッドクラウン
(白い部分はセラミックと
プラスチックの中間)
★ ★ ★ ☆ ☆ ★ ★ ★ ☆ ☆ ★ ★ ★ ☆ ☆ ×
メタルボンド
(白い部分はセラミック、
内面は18金)
★ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ★ ☆ ×
A G C
(白い部分はセラミック、
内面は99.9%ゴールド)
★ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ★ ★ ×
オールセラミックス
(すべてがセラミック)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ★ ★ ×

何故、ゴールドを多く含むかぶせものがよいのでしょう?

ゴールドは『身体にやさしい』素材です。金属アレルギーの心配はほとんどあり ません。他の金属は違う種類の金属間で、ガルバニー電流という微電流を発生させるといわれています。

つまり、お口の中で違う金属が入れてあると、このような電流が発生することが あるのです。そして、そのとき金属が溶けて体の中に流れ込み、場合によっては、金属アレル ギーの原因になるとも 言われています。

しかし、ゴールドはすべての金属の中で最も溶けにくい(イオ ンになりにくい)金属なのです。

歯との適合性、噛み合わせへの影響

誰の歯でも、程度の差こそありますが、経年的に摩耗してきます。一般にかぶせ物は、天然の歯と同じ程度に摩耗するのが最もよいと言われています。そうでなければ、噛み合わせに不調和が生じた り、反対側の歯を傷つけてしまうからです。

ゴールドは天然の歯の硬さに近い金属です。(白いかぶせものをした場合は、かみ合わせの部分を、金属にするか、白いものにするかによって、変わってきます。どちらも可能です)

さらに、ゴールドという金属は粘りがあるので、歯との適合性に大変すぐれて います。つまり、歯とかぶせ物との段差が きわめて小さくなるので、(移行的であるので)歯垢が停滞しやすくなります。

耐久性

ゴールドは非常に長持ちする金属です。一度治療したところを長い間、快適な まま維持することができます。また、安全性が高く、月日が経っても錆びたり、変色したりすることがありません。

最終的にどのようなものを被せるかについては、興味がおありの方には、院内にてさらに詳しく説明して 納得していただいた上で決定することにしております。他の自費治療についても同様です。 どうぞ遠慮なくお尋ね下さい。


当院で治療を受けてみたいと思われた方はこちらから

※赤は休診日、青は午後休診。
(土曜日は16:30まで)


  • トップページ
  • 院長村岡ゆきからみなさまへ
  • 私たちから患者様へ7つのお約束
  • 当医院で受けていただける治療
  • 保険適用外の治療の違いって?
  • 歯ぐきに不安はありませんか?
  • 歯と歯ぐきについてのQ&A
  • 当医院へお越しいただくには
  • 初診のお申し込みはこちらへ
  • リンク集

スマイルダイアリー

スタッフ募集